新卒採用 体感発言「個性こそが価値」RECRUIT INFORMATION

体感発言「個性こそが価値」

一つ一つの個性が、企業という一つの目的に向かってぶつかり合うから面白いと思うのです。
やり甲斐は与えられるものではなく、自ら作り出すから人生は楽しいのです。

店長職小林 泰三

店長のやりがい

かに道楽は、「お客様第一主義]という考え方が基本です。私違の仕事は、ご来店いただく全てのお客様に食事を通して楽しい時間を過ごしていただき、心の満足を提供していくことなのです。それを現実に叶えていくためには、お客様のことを良く理解して、お客様お一人ずつのニーズをキャッチして、積極的な提案・サービスの提供が求められます。
私自身、店長職をいただいた当初は、店長の責任の重さと遂行する為の権限の高さに、驚きと戸惑いの毎日でした。店長の仕事は、全てのお客様に喜んでいただくことです。
その結果が営業利益を捻出するわけですが、そのための素敵な店作りとして、人材の採用、育成、料理メニューの立案、料理を引き立たせる器選び、価値を感じて頂く価格設定、そして、鮮度保侍、安全、衛生への意識、お客様のクレーム対応など、営業内容と予算を管理しながら、自分で考え、決定して、実行していくのです。
私が表現したいおもてなしの心を従業員の方にお伝えし、実践していただくために、本当に毎日が勉強の積み重ねです。失敗もたくさんしますが、経験が糧となり、実行力が財産となります。

店長職 小林 泰三

営業主任職小森 文雄

店長を目指せ!!

店長の仕事の面白さにはありとあらゆるものがあります。新メニューの開発に取り組んだり、設計図と向きあって構図に頭をひねらせたり、お客様との楽しい会話でコミュニケーションを図ったり、一人三役、いやそれ以上の役回りをします。
僕は、そんな仕事に憧れとやり甲斐を見いだし、店長になることを大きな目標としました。現在、フロント業務の傍ら、店造り(構造)を勉強すべく、労基法やレ夕リングの本を購入し独学中。自分のこだわりのためには、どんな努力も惜しまない意欲で取り組んでいます。

営業主任職 小森 文雄

接客主任職今村 愛

報・連・相を正確且つ確実に

私達は、お客様に美味しいかに料理を楽しく食事していただくことで、幸福創造を目指しています。
そのためにはフロント、調理、接客が密に連絡を取り合うことが必要です。私の役割は、店長、調理場、従業員の方の太いパイプとして機能します。
報・連・相を正確且つ確実に伝達し、仕事に対する理解の確認と店舖のスムーズな流れを作るという大役です。しかし、人によって性格、理解の速さも様々で、その人に合わせた方法をとらなければいけません。
自分の思いが相手に伝わらない時は辛く、自分に対するもどかしさを感じますが、この重圧をはねのけ、持前の明るさでカバーして、大きなやり甲斐を持って仕事に励んでいる毎日です。

接客主任職 今村 愛

調理主任広畑 義彰

可能性に賭ける!

調理場とフロント業務をすでに経験。いざ忙しくなったら、どこにでも応援態勢をとることができるのが僕の強み。今、僕は店舗内全体のことを考えて仕事を組み立て、忙しくなったら真先に駆けつけスムーズな流れを作ることを心掛けている。現在店長のアシスタントをさせていただき、今日の営業予測、はたまた一年後の予測、お客様を優先しつつ従業員の方への指示と配慮、目が回るほどの忙しさの日々。仕事の多さと重要さを肌で感じると共に、責任の重大さを知った。時間とともに経験を重ね、会社が僕に期待した大きな課題。越えられないと思っていたが、一歩一歩踏みしめながら少しずつではあるが、着実に進んでいることが実感できている。仕事の本当の面白さはまだまだこれから。毎日充実感を感じると共に、僕の可能性に賭けてくれる会社の懐の大きさをしみじみと感じている。

調理主任 広畑 義彰

営業職平野 佳祐

私はサポーター役

「あーおいしかった。」と食べて味わい、見て味わい、心で味わう幸福を提供するのが私の使命。と言っても入社3年目の私は、「おーい平野君、ちよっと手伝って。」「平野、それ取ってー」「平野、これすぐしてくれー」とハッキリ言って雑用係。ある日、店長が「平野、いいフットワークしてるなー」とつぶやいた。いつも叱られてばかりの私ですが、自分はみんなのサポーター役なんだと気が付いた。みんなの中で自身の存在をいくらでも大きくしていける自信みたいなものを感じた。

営業職 平野 佳祐

接客班長職田中 里奈

知らなかった外食産業

私はかに道楽へ入社してから外食に対する意識が変わりました。今までは気にもしなかったレストランの陳列台に足を止め"テーマは何だろう。何を売りたいんだろう"お店の接客を見て"私ならこうするのに"とイメージを膨らませながら、見るようになりました。すべてにお客様の心に働きかけるような演出を考え、PRを意識しています。仕事とプライベートは区別したい私ですが、実際は普段の生活から得る事がたくさんあります。かに道楽の仕事を単なる生活の糧でなく、人生の勉強の場と考えたいものです。

接客班長職 田中 里奈

営業主任職横山 隼人

感動を呼ぶプレー

私達は、夢、目標をもって働く場所としてかに道楽を選び、お客様は、この店ならと信頼して、期待して、食事を楽しむ場所としてかに道楽を選んでくださいます。つまりお客様とは、日的・立場は違えども、同じ場所を愛して、選んだ仲間です。その仲間がせっかく来てくださるのです。掃除の行き届いた店内、タイミング良く、美味しい料理を気持ちよく楽しんで召し上がって頂きたい。そのためには、お家にお客様をお招きしておもてなしをするように、先々気を遣い、頭を使って働くという行動が、私たちの接客です。人に喜んで頂くための演出をする仕事です。見せ掛けの演出では伝わりません。本気で取り組む姿勢の上に、感動を呼ぶプレーが発揮されるものです。お客様の、楽しい家族と、楽しい友人と、楽しく食事をするための空間を、共有できる仕事。この仕事を誇りに感じます。

営業主任職 横山 隼人

接客班長職穴澤 彩佳

コミュニケーションの重要性

かに道楽の研修は、まずかに道楽のいろはではなく、社会で通用する社会人としてのマナーの研修からスタートします。入社時に行う最初の研修では、挨拶、返事、言葉遣い、態度、身だしなみ、お辞儀のマナーの研修。学生だった私には"今更どうして挨拶・返事なの"と少し疑問を感じていましたが、大きな勘違いでした。すべての違いは私達は、学生でしか通用しないマナーであった事です。社会で通用するマナーを身につけた今、家族への時々の電話連絡でも敬語がポロッと口をついた時に、家族から「変わったね」ってびっくり感心されました。なぜマナー研修が必要なのかも考えさせられました。すべては、人とコミュニケーションをとるためなのでした。それも良いコミュニケーションをとるためです。年齢差のある先輩に仕事の話しを聞かせて頂くときなど凄く重要ですね。

接客班長職 穴澤 彩佳

調理マネージャー職西濱 成一

安心と信頼を持った料理

調理場を一手に任されているという信頼と責任感に、心地よいやり甲斐を感じています。私は料理は芸術だと考えています。お客様に目で・舌で・香りで幸福感を味わっていただくのです。衛生面におきましても、お客様に安心と信頼を持ってご来店いただく上で、非常に重要な役割を担っています。ですから料埋に対するこだわりは相当深く、自分にも、調理場スタッフにも厳しさをもって接します。
ベストをつくして取り組んだとしても、結果、お客様にご満足いただくことができなければ、自己満足に過ぎません。どんなシチュエーションでご来店され、何を望まれているかを把握して、表現出来る強い組織形成を目指しています。お客様の満足に値する料理を作るためにも、一人一人が同じ目的を持ち、喜びや幸せを抱ける環境作りに取り組むと共に、常に料理人のプロとしての誇りを持ち、私自身の存在価値を高めていきたいと思います。

調理マネージャー職 西濱 成一

JRIかに道楽 新卒採用