企業の歩みCOMPANY INFORMATION

1958年 城崎マリンワールド「ホテル金波楼」の大阪案内所を西道頓堀に開設する。
1960年 2月11日、当社の創業店舗となる山陰の魚介料理店「千石船」を創業し、かに道楽の第一歩をスタートするが、一年以上も営業不振の状態が続く。
1961年 看板料理「かにすき」が大評判となり、かに料理をきっかけとして大繁盛店となる。
「かに」を冷凍保存する研究を進め、漁協の協力を得て冷凍法に成功する。
1962年 かに道楽(現・道頓堀本店)を大阪 道頓堀にオープンする。

  • ※「かにで儲けさせて貰ったから、かにで思いっきり、道楽をしてみたい」と捨て身の覚悟と無謀ともいえる熱意で「かに道楽」と命名し、超一等地に出店する。
  • ※白地に赤く、日の丸をイメージした動く大きな「かに」の看板は、大阪 道頓堀のシンボルとして全国から脚光を浴びることとなる。
1965年 かにの安定供給のため、北海道漁場を開拓し、ズワイがにの仕入れに取り組む。
1968年 大阪 三津寺町にかにの高級業態「かにの網元」をオープンする。
創業者自らがテレビコマーシャルに出演し、「とれとれぴちぴち」のCMソングも製作する。
(キダタロー氏作曲)
1971年 日和山観光(株)から分社し、株式会社かに道楽を設立する。
1974年 創業者の師であり、長兄である日和山観光開発の創始者 今津文治郎が永眠する。
1980年 年間売上100億円を突破。
1981年 かに看板の擬似店に対し不正競争防止法で告訴。6年がかりで全面勝訴する。
1984年 月桂冠の協力を得て、オリジナル清酒「道楽」を販売する。
1987年 今津文雄(今津芳雄 長男)が代表取締役本部長に就任する。
  • (1991年に代表取締役 社長に就任。)
1988年 アサヒビールの協力を得て、オリジナルワイン「ワイン・道楽」を販売する。
1990年 グループ名を「JRI」とし、第2期創業期の幕開けとする。
6月22日をかにの日と制定し、キャンペーンを開始する。
1994年 人事評価システムに技能ライセンス制度を導入する。
1995年 創業者 今津芳雄 永眠する。
1996年 報謝の碑を建立する。創業者遺稿集 「おかげさまで かに一筋」を発刊する。
店長報奨金制度を導入する。
1997年 営業戦略を拡大し、郊外地域への出店を開始する。
2002年 多様化する仕入れ、流通に対応するため大阪大正区に食品部工場を新設する。
2005年 創業45周年を機に大々的に「活かにキャンペーン」を実施し、大反響をいただく。
2010年 創業50周年を迎える。
2015年 今津文雄 永眠する。
今津博之(今津文雄 長男)が代表取締役 社長に就任する。